テーマ:ログハウス

ポンプ小屋補修

ポンプ小屋の野地板が腐食し補修です。 悪い部位だけ取り換えることにしました。 少量の屋根材の購入は単位が合わずルーフェィングだけで対応していましたが限界があるので屋根材を今回は施工予定です。 今日はここまでで終了。 リホームは手間がかかります。 しかも水路傍で田植えの水が結構流れていて少々アクロバテックな作業です。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

門柱復活

昨年2月自爆で門柱が粉砕しステンドグラスの灯りも大きなダメージを受けた。 その後、気力、時間、予算なくみじめな姿で1年以上経った。 今年4月に入ってやっと重い腰が上がる。 まず再利用できる煉瓦と出来ないレンガを整理し、 3段目の一部から再構築。 最後に電球の交換窓を取り付けて煉瓦積は完成。 ステンドグラスは《イマージ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のスイッチプレート

長らく進んでいなかったログハウスの電気工事をRyoが実施してくれました。 後は中国電力さんの幹線からの引き込みを待つのみです。 室内のコンセントプレートを取り付けました。 予めタテ×ヨコ×厚を成形した材を加工します。 コンセントに応じた穴を鑿で掘ります。精密な加工が必要です。 内側をトリマーで4.5mm掘り込みます。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

トリムボードの調整

ログ積みを終えてからもう20年も過ぎているのでセトリング(未乾燥の丸太を使うハンドカットのログハウスは丸太などが乾燥による収縮や自重により、数年がかりで垂直方向に平均5~12cm沈数%低くなる)は終わっているのにトリムボード(開口部や間仕切り壁の上部に設けたセトリング・スペースを見えないようにする目隠しの板)がドアに当たり開閉に支障が出…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

漏月庵

「仕事で留守中に米さんが来られた」と おとついぼくが夜中に仕事から帰ったらメモがあった。 用件は「茶室の材の入手先を教えて欲しい?」 今日は仕事が休みなので昼前に米さん家に行った。 茶室の基礎の石組はもう出来ていた。 2011/05/29 の≪よねさんのログハウス≫でもご紹介したが米さんは昭和3年生まれの御年84歳。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

仕事日和

今春は特に気温の変化が激しい。 昨日、一昨日は真夏日に近い暑さだったのに今日は10℃近く気温が下がり肌寒いくらい。 しかし外作業をするには絶好の仕事日和。 懸案の雨樋の補修を行った。 漏斗に雪がたまりのの重みで脱落するというトラブルを回避するために、漏斗をスリムなタイプ(正式には伸縮のきチーズというらしい)に変えた。 …
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

ワークショップの小ドア

午後雨が上がり4ケ月もペンディングになっていたワークショップの小ドアを取り付けた。 プロセスはまず ドア枠の取り付け 丁番の取り付け ドアの取り付け この小ドアがなぜ必要かというと工房スペースが4mしかないため、長尺物に電気鉋をかけると壁に当たる可能性があるため。 めったに2mを超えるものを作業はないがあれば困るので最初から…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワークショップのドア

昨年8月25日のブログ≪ワークショップを作る2≫で続きはワークショップを作る3で記してから1年と4か月。 やっとドアを取り付けた。 手元にある材で作ったのでデザインはいたってシンプル。 框は2×4と2×6材 組立 パネルはサイディングの残り 組立後サンディング 面取り 丁番の取り付け 丁番の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

雨樋の補修

雪が解けたらほぼ毎年やらなければならないのが雨樋の補修。 こんな大雪に見舞われると 横樋のジョイント個所と漏斗の付近がやられる。 今回漏斗を新しいタイプに替えた。 上下の屋根2箇所の補修は1時間程度で終了。 ただ毎年苦労するのがパーツの入手。 S社の角樋はホームセンターには在庫が無く、米子の代理店から購入…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ワークショップを作る 2

梅雨明けからの暑さは今年も強烈で作業もいまいち進まずお盆までには完成できなかった。 以下はその後の進捗状況。 屋根を張る 屋根を張ると天候に左右されず作業が進む。 通常の行程は垂木の上に防水合板や野地板を張り某推移シート、仕上げ材という行程になるが簡素化しカラー波板、採光のためポリカ波板を張った。 躯体に防水紙を張…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ワークショップを作る

玄関の広いテラス屋根を利用し小さなワークショップを作ったのが5年前。 いちばんの自慢は格子の跳ね上げ窓。 廃材のガラスを使い桧で制作した。 ログハウスのスペースを自由に使えた制作現場も此処に引っ越してからは青空木工を余儀なくされていたので飛躍的な進歩ではあったが、玄関の目の前に自動鉋があるというのはどうも見ても好ましい状況…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

よねさんのログハウス

先日よねさんがふと我が家に立ち寄ってくれた。 その時の話の中で「囲炉裏を出来た」と聞いたので後日久しぶりによねさんのログハウスを訪ねた。 車で10分くらいの所なんだけど3~4年ぶり。 師は御年83。 元船大工で現在の地に60歳の時ログハウス作りを始めた。 皮むきから一人での作業。 クレーンは棟上以外は全く使わずチェー…
トラックバック:1
コメント:0

続きを読むread more

ログハウスのドアの取っ手2

前回紹介の出来なかったログハウスのドアの取っ手です。 外ドア外側 外ドア内側 玄関内側 玄関外側 寝室内側 寝室外側 これといった形の枝はなかなか見つかりませんがそれを探すのも楽しみのひとつです。 風呂、トイレその他は次回に。 ウッドアクセサリー ぴあん…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ログハウスのドアの取っ手

アトリエのドアのアトリエ側の取っ手を取り付けた。 我が家のドアは勝手口の換気機能のあるアルミドアをのぞいてはすべて木のハンドメイド。 取っ手もアトリエ玄関の両開きドア以外は自然木を加工して取り付けている。 不便を感じながらアトリエ側の取っ手が未だ自身の不精でなく先日やっと取り付けた。 樹種は《リョウブ》夏ツバキと木肌がよく似て魅…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ログハウスの窓から

今朝5時過ぎ窓のカーテンを開けたらハッとするような風景に出会った。 このロケーションはここ4年のログハウスの暮らしの中で初めて。 山々の連なる幻想の世界のようなグラデーションと紅さす空はひとつの絵画のようでした! 我が家のタカラモノ。 メインページ ウッドアクセサリー ぴあんぴあの ほいじゃあ …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

朝の窓、夕の窓

朝起きてまずすることはログハウスの窓のカーテンを開けること。 いつもの6時頃はこの時期は未だ薄暗い。 だんだん明るさが増しその窓から観る事のできるの伯太や日野の山並みが大好きな風景となった。 特に雪景色は低山の山並みがまるでアルプスのようだ。 黄昏時もなんともいえない美しさ。 こういうの…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more