テーマ:工芸

木のアクセサリー メビウスの輪の指輪

《メビウスの輪》のリング デザインを変えました。 従来はかなり原型に近いものでしたが、単純化し指に常時付けていても違和感がないと思います。 どちらのデザインが良いか? もちろんどちらも良いです゚+.゚(*´∀`)b゚+.゚ この木のメビウスの輪のリングは、造形の勉強などしたこともない(高校で少ししたかも)のでなかな…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のアセサリー リーフのペンダント

先日ホームページからペンダントの問い合わせがあり、何度かの打ち合わせの後リーフのペンダントのオーダーを頂きました。 リーフのデザインは自身の木のアクセサリーの原点ともいえるもので数種のデザインのテンプレートを作っています。 制作にあたってはテンプレートから写し取り成形しているのですが作る都度現在の自身のいちばん感じる形にしているので…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木のアセサリー ハートのピアス2

ハートのピアスやっと完成しました。 こんなに時間がかかったのは始めから全てやり直したから。 金具の穴径、半貴石の穴径、半貴石の穴の深さこれらを標準化(ちょっと大げさ・・・)した。 金具の穴径を3mmから3.1mm。 半貴石の穴径を4mmから4.2mm。 半貴石の穴の深さをスペーサーを使い残り3mmに。 半貴石を立体感、色…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第24回彩りの時間に ~クリスマスの贈りもの~

大谷治氏の主催するスタジオイマージュのグラスクラフトグループ展第24回彩りの時間に ~クリスマスの贈りもの~が「山陰歴史博物館」で開催されています。 いつもながら華やかで美しく、時を忘れひと時の優雅な想いに浸ることできました。 大谷治 Deep Fo…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

安部朱美 創作人形展

《米子鬼太郎空港》2階催事場で安部朱美さんの創人形展が開催されています。(期間  平成24年1月28日(土)~平成24年2月18日(土)) 作品3点のミニ展示ですが新作の二十四の瞳ががひときわ光を放っています。 安部朱美さんは米子市在住の人形作家で自身とはもう20数年のお付き合いになります。 初めてお会いした時の頃から少女…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

三沢厚彦 アニマルズ ’11inYonago

昨年の12月17日から開催されている《三沢厚彦 アニマルズ ’11inYonago》 年末までは人も多いとおもい年があけて12日に米子美術館を訪れた。 実にタイミングよくBSプレミア《たけしアート☆ビート三沢厚彦》で12月7日にオンエアがあり事前に多くの事を知る事が出来た。 そして前売り券も購入してずっと楽しみにしてい…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

糠谷さかゑ 木彫展

昨日より木彫作家《糠谷さかゑ》さんの木彫展が米子市美術館で開催されている。 彼女(大先輩に彼女は失礼とは思いつつ、いくつになられても笑顔の素敵なチャーミングな女性ということからこう呼ばせていただく)とは米子工芸会を縁に20数年のお付き合いをいただいている。 木彫歴はなんと半世紀以上。 自宅や公民館などで木彫教室を開…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

和紙デザイナー 堀木エリ子

6月8日のpianな日々で記した《北野武と辻井伸行》でご紹介した《たけしアート☆ビート》はBSプレミアムの番組の中でも欠かせないものとなっている。 今日見逃がしていた第4回放送の《和紙デザイナー・堀木エリ子》氏の再放送があった。 彼女の言葉は無駄が無くウィットに富み北野氏の軽妙でユーモアにあふれるトークと相まって一時間があっという間…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

クラフト神郷

金曜日の日本海新聞で西伯郡南部町で《クラフト神郷》を主催する原田淳さんの作品展が丸京庵市民ギャラリーで 開催されている事を知り今日お伺いした。 工芸の分野はウッドターニング。 日本では木工旋盤と呼ばれ回転する材料に刃物を当てひたすら削り形作る。 自身もリングやブレスレットを制作するがよく切れる刃物で木屑を飛ばし作品が…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木彫の達人

所用でお伺いした米子のあるお宅。 そこで思いがけず木彫の達人に出逢い氏の作品を拝見させていただいた。 私がその作品日心引かれたのは栃や栗など木目の綺麗な木地に彫られていた事だった。 多くの木彫は逆目、柔らかさなどの彫の容易さから木地に朴が使用されている。 それはそれで第三者が否定すべきものではないがもっと色々な樹種に…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

カエル工房 新工房オープン

リアルなカエル、その他 両生類・爬虫類などのフィギュア、グッズ、レプリカ、ジオラマ、ストラップ、 アクセサリーを製作販売し今や全国区になった《カエル工房》。 京都のレプリカ製作会社で研鑽を積んだご夫妻がご主人のふるさと鳥取県で10年前工房を立ち上げられた。 知名度のない時期のご苦労は並大抵のものではなかったと思うが、卓越した技術と…
トラックバック:0
コメント:2

続きを読むread more

木のアクセサリー ハート

ハートのモチーフは永遠のテーマ。 これまでもいくつかのアクセサリーを製作している。 ブレスレット ストラップ ペンダントトップ イヤリング New 樹種は黒檀、メイプル、ウォールナット、パープルハート、ブラッドウッド、鉄刀木&紫檀。 センターに曲線の…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥の羽のブローチ、Ⅱ

今日は米子の世界的バードカーバー遠藤登さんに教えを請うべく夕方出かけた。 突然の訪問にもかかわらず丁寧にご指導頂いた。 リアルカービングの羽はそのまま重ねれば翼になるくらい形状にも拘り、形作る。 ベルトさんダーで大まかな形を整え ハンドモーターで粗彫り 目の細かなサンドペーパーで傷を取り滑らかにした…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

シルバーチェーンを作る

純銀の比重は10.5. つまり水より10.5倍重たい。 昔からつなぎとかタートルネックは首が人一倍こりまず着ることはない。 自分用に作った1.5mmのチェーンもめったに着けない。 なので重さが3分の2になる1mmのチェーンを作りました。 以下は製作過程。 1mmの銀の丸線を3mmの丸棒に巻き付け糸鋸でカット …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

鳥の羽のブローチ

久々の休日。 一日時間が取れたので《米子水鳥公園》のイベント”鳥の羽でブローチを作ろう!”予約し参加した。 製作のプロセスは ひのきの3mmの板に鳥の羽のコピーを貼り付ける               |           糸鋸でカットする               |   彫刻等、リューター等で羽の形を成…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

木とシルバーのアクセサリー1

少しずつ木とシルバーのアクセサリーの紹介をして行きます。 20年以上家具製作を中心に物づくりをしていましたが、彫金を始めた10年位前から木のアクセサリーを平行して作り始めた。 シルバーや天然石とのコラボ等試行錯誤。 そんな時期すごい作品に出会った。 それは偶然見た《木の贈りもの》(文化出版社、小山織著)にあった上條宣子さんのブレ…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

彩りの時間に(第21回イマージュグループ展)

大谷治氏の主宰するステンドグラススタジオ《イマージュ》の彩りの時間にが米子美術館で開催されています。 今年で第21回。 今回の教室の出品者は大谷氏を含めて37名。 正に継続は力。 年々レベルが上がりプロの集団のようです。 作品は製作者の日々の生活の中で潤いとなっているようです。 …
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

第23回米子工芸会展

本日より米子工芸回展が開催されています。 今回は木のアクセサリー、陶芸、ステンドグラス、人形、粘土細工、パッチワーク、和傘、日本刺繍、家具、ポーラーセーツ、七宝、皮細工の13ジャンル、32名の出品。 全国的にも希少なプロアマを問わない集まりの工芸展も23回となりました。 私自身は途中中抜けもありましたがおぼろげな記憶を辿ると5…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more

ブラッドウッドのペンダント&アフリカンパドックのリング

ブラッドウッドのペンダント&アフリカンパドックのメビウスの輪のリング。 北海道のMさんからオーダーいただいた作品。 インターネットに距離は関係ないかもしれないけどアナログ人間には遠い地からこのHPを見て頂いた事にとても感激です。 ブラッドウッドは自身の好きな木のベスト3です。 この名前の通り真っ赤…
トラックバック:0
コメント:0

続きを読むread more